0

ひきこもりの毎日

究極の金欠とは何か。それが、ひきこもりだと思う。
ニートになってからだいぶ経ち、アフィリエイトブログを立ち上げてしばらく経つが、当然まだまだお金にはならない。貯金も見る見る減っていくので、ひきこもりになってしまう。
親のすねかじりなので、家の手伝いをして三食つきという生活なので、ダメダメ生活なのはわかっちゃいるけど、やめられない。
アフィリだけではまだやっていけないので、クラウドソーシングをしているが、自分のような技術のない人間は真面目にやると割に合わない。
ゲーム感覚や不満を吐き出せるような案件をやったほうが一石二鳥になる。といっても稼げる金額は微々たる物だし、就職したほうがいいのだが。
だけど、もう完全な金欠も近いので、そろそろ就職しようと思っているが、うちは少し田舎なので、そうそう就職先が見つかるものではない。
やはり、雇われるととたんにストレスまみれの毎日になるので、長く働くには、ストレスのかからないような職場や、バランスを考えなくてはならない
そんなわけで、夜に記事書いたりして、夕方まで寝てるような毎日が続いている。親も呆れているが、ひきこもりこそがある意味究極のロハスではなかろうか。無駄な資源を浪費しないので、地球に優しい。世間からすればひきこもりは悪のように見えるけど、こうみえても意外にいいことしているんだなと、我ながら思う。プロミスの審査が甘いってホント?