0

乾燥肌の阻止と方法 ―保湿―

お肌の水分保持力は、角質年代の細胞頃脂質が80%、NMF(野放し保湿素因)が18%で、皮脂はたったの2%程です。以前は「化粧水で潤いを与えて、油分でフタ」と言われていましたが、本当は大きな罪なのです。お肌自体が編み出す、皮脂、細胞頃脂質、NMF(野放し保湿種)は、当然ながらお肌にとって世界で最も素晴らしい保湿剤です。ただし、多くの乾燥肌の方は、「こすり過ぎ」と「洗いすぎ」により、こういう天然の保湿剤を洗い流してしまっています。外部からの保湿を考える前に、それでは「こすり過ぎ」と「洗いすぎ」を打ち切ることが、最も鍵かつお肌に必要な行為。それでは前文を肝に銘じた上で、「外から何を補わないといけないのか」を考えるようにしましょう。保湿についての認識には、大きく分けると以下の2型があります。(1)お肌が自らのバリヤ起動を回復するまでの「応急処置」としての保湿。健康なお肌も、掃除や洗顔、入浴などにより、多かれ少なかれ角質年代の細胞頃脂質やNMF(野放し保湿種)が洗い流され、お肌の水分保持力が弱ります。お肌は主に睡眠中に、約終日かけて失った細胞頃脂質やNMF(野放し保湿種)を回復させます。細胞頃脂質やNMF(野放し保湿素因)が回復するまでの間はお肌が無防備な状態ですから、「応急処置」としての保湿が必要です。間違った掃除や洗顔を避け、お肌から過度に細胞頃脂質やNMF(野放し保湿種)が漏洩しないようになれば、みんなはあすにはお肌のバリヤ起動が回復しているはずです。そのため、こういう「応急処置」の保湿では、お肌が細胞頃脂質やNMF(野放し保湿種)を回復するのをトラブルせず、またバリヤ起動の蘇生前のお肌をきちんと続けるコツを選択する必要があります。(2)お肌のバリヤ起動自体を上げるための保湿。年齢やアトピー性素肌炎辺りが原因で、お肌の細胞頃脂質やNMF(野放し保湿種)の制作人気が衰えている場合や、ドライが進んでお肌が簡単に正常な状態に回復しない場合は、不足している分け前をまかなうコツを検討しましょう。不足する細胞頃脂質やNMF(野放し保湿種)を補うのにも、以下の2型のポイントがあります。①:細胞頃脂質の主種ですセラミドやNMF(野放し保湿種)の主種ですアミノ酸など、不足している存在自体を賄う。②:細胞頃脂質やNMF(野放し保湿種)の制作力を決める効果のある種を賄う。「自分のお肌には何が不足しているのか」「それをどのように賄うのか」を考えることは、具体的に保湿剤を選ぶときにもとても重要になります。保湿についての認識としては、長時間の入浴など、お肌が濡れていらっしゃるランクが貫くと、角質年代の細胞頃脂質やNMF(野放し保湿種)が漏洩してしまいます。細胞頃脂質やNMF(野放し保湿種)を償う効能や、制作力を上げる効能のある種が十分に入っていない化粧水で長時間パックをすると、お肌がふやけて角質年代の保湿種が漏洩し、逆効果になってしまうことがあります。また、お肌になじみやすいオイルを過度にお肌に塗ると、セラミドを主成分とした細胞頃脂質の均整がひずみ、バリヤ起動が損なわれてしまうことがあります。因みに、乾燥肌に対して素肌科で処方されるワセリンは、ほとんど角質年代に浸透しない結果圧力もなく、素肌のアシスト剤として安心して使用できます。乾燥肌はバリヤ起動が弱った状態で、異物がお肌に入り込みやすくなっています。たくさんのコスメティックによることは、それだけ化学物質などをお肌に附ける度数や本数が重なるに関してになるため、場合によってはアレルギーや炎症を引き起こし、シミ(汚れ)の原因になります。お肌が乾燥しているときは、なるべく使用する初めコスメティックの種類を少なくし、シンプルなケアをするほうが安心です。アイフル在籍確認ガイド